ブログ

雑念があることが人間たるゆえんではないか、と最近とみに思う。雑念を振り払うために、人はさまざまな理由づけをしながら生きている。私はこの仕事をやるために生まれてきたんだとか、神は乗り越えられる試練しか与えないとか。自分の生 […]

「ライターの仕事は、他人の知られざるファインプレーを発掘して世に出すこと」だと聞いて、なるほどと思ったことがある。 ここからは僕の解釈だが、一般的にファインプレーは、スポーツニュースなどで取り上げられる美しい技や華麗な技 […]

今の時代にはありえないと思うが、都会しか知らずに育てば、「川は濁っている」ものと思い込み、山奥しか知らずに育てば、「川は澄んでいる」という前提が生まれる。同様のことは他でも言えて、旅行した外国で何事もなければ、「治安のい […]

人生における後悔をひとつ挙げるとしたら、書いたのに出せなかった手紙が山ほどあることだ。 ドラマチックな物語を想像された方には申し訳ないが、これはもののたとえであって、思ったことや感じたことを伝えられずに終わったケースが僕 […]

ライターとは、見通しのよい道をつくる人である。そう思ったのは、自身の書いた求人記事が架け橋となって、3名の採用が実現した会社の入社ガイダンスに立ち会った先日のことだ。 そもそも(僕がやっている)ライターの仕事は、記事を書 […]

辞書の言葉を借りれば、触媒は「自身とは別の物質の化学反応を促進したり抑制したりする物質」だ。たとえば、よりよいものを生み出すために人と人をつなぐ人の役割について、比喩的に用いることもある。そんな「触媒」についての素晴らし […]